ニュージェイネット

ニュージェイネット - 健康・医療  ルール 画像のリサイズ


おなまえ
E-mail
送  信
コメント
添付File[]
削除PW(記事の削除用パスワード。英数字で8文字以内)
  • レスに画像添付可。添付可能ファイル:GIF, JPG, PNG・・・10000 KB まで
  • リロード

    1596006054891.jpg-(491842 B)
    491842 B 20/07/29(水)16:00:54 No.269   [返信]
    京大研究者が明言「再自粛不要論」 欧米より圧倒的に低い日本の死亡率…この差は「集団免疫」で説明できる 抗体検査には“盲点”も
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200728/dom2007280005-n1.html
    20/07/29(水)16:01:56 No.270  
    1596006116734.jpg-(109701 B)
    109701 B
    研究によると、新型コロナウイルスは「S型」「K型」「G型」の3タイプに大別される。感染しても無症状から軽症が多い「S型」は昨年10~12月ごろに世界に拡散し、同じく無症状から軽症が多い「K型」は今年1月ごろをピークに日本に侵入した。やや遅れて「G型」が中国・武漢で拡散、さらに上海で変異したG型が欧米にも広がったとしている。
    20/07/29(水)16:02:07 No.271  
    これらは鳥インフルエンザ対策のために設立された国際イニシアチブ「GISAID」や、現在の日本のパンデミック(世界的大流行)の状況により立証されているという。

     武漢が1月23日にロックダウン(都市封鎖)されたことを受け、欧米各国は2月上旬に中国全土からの入国制限を行った。しかし、「すでに広がっていたS型はG型の致死率を上げる特徴がある」(上久保氏)ことから多数の死者が出た。

     これに対し、日本が入国制限を中国全土に強化したのは3月9日と遅れた。その間に日本国内で広がっていたK型のウイルスは、「G型に対する獲得免疫を有する」(同)ことから、結果的に集団免疫が確立したという説だ。
    20/07/29(水)16:02:59 No.272  
    仮説を立てるうえで、上久保氏らが着目したのが、新型コロナウイルスに感染すると、インフルエンザに感染しなくなる「ウイルス干渉」という現象だった。「体内に入ったウイルスにより活性化されたサイトカイン(免疫系細胞から分泌されるタンパク質)の反応が出るために、同時に他のウイルスの感染も妨げられる」と説明する。
    20/07/29(水)16:07:08 No.273  
    1596006428094.jpg-(70248 B)
    70248 B
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    1585083548907.jpg-(55664 B)
    55664 B 20/03/25(水)05:59:08 No.268   [返信]
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    1585083495770.jpg-(25818 B)
    25818 B 20/03/25(水)05:58:15 No.267   [返信]
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    1578530055049.jpg-(605081 B)
    605081 B 20/01/09(木)09:34:15 No.266   [返信]
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    1576623397066.jpg-(388754 B)
    388754 B 19/12/18(水)07:56:37 No.265   [返信]
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    【記事削除】画像のみ消す
    削除PW
    [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [以下省略]

    ニュージェイネット - 健康・医療TOP
    ニュ―ジェイTOP