ニュージェイネット

ニュージェイネット - 健康・医療  ルール 画像のリサイズ


おなまえ
E-mail
送  信
コメント
添付File[]
削除PW(記事の削除用パスワード。英数字で8文字以内)
  • レスに画像添付可。添付可能ファイル:GIF, JPG, PNG・・・10000 KB まで
  • リロード

    1521005379049.jpg-(19748 B)
    19748 B 18/03/14(水)14:29:39 No.205   [返信]
    男性患者の脳内に直径9センチの空洞 北アイルランド

    脳のCTスキャン検査を行った結果、男性の脳の右前頭葉に、直径9センチ近い大きな空洞があることが分かった。脳にこうした空洞ができる症状は、「気脳症」とも呼ばれる。

    脳のMRI検査では、副鼻腔内に小さな良性の骨腫瘍(しゅよう)があることも判明。これが頭蓋骨(ずがいこつ)を突き抜けて、頭蓋腔に空気を流入させる原因になっていた。

    空洞からの圧力のために、脳の血流が不足して、前頭葉で小規模の脳卒中が起こり、左半身に力が入らなくなったりバランスを崩したりする症状につながったと思われる。

    医師団は治療のための手術を提案したが、男性は高齢などを理由に手術を断り、服薬で脳卒中の再発を防ぐ温存療法を選んだ。

    3カ月後に再び診察を受けた男性は、症状が改善し、左半身に力が入らない症状も感じなくなっていた。


    1520772788504.jpg-(85600 B)
    85600 B 18/03/11(日)21:53:08 No.204   [返信]
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    1520676690911.jpg-(100034 B)
    100034 B 18/03/10(土)19:11:30 No.203   [返信]
    「血中のビタミンD濃度が高いとがんリスク低下」 国立がん研究センターが大規模調査

    血中のビタミンD濃度が高いと、がんになるリスクが下がる、とした研究結果を、国立がん研究センターが8日発表した。約34,000人を長期間追跡した大規模調査の結果だという。論文は英医学誌「BMJ」電子版に掲載された。
    https://news.mynavi.jp/article/20180310-597821/


    1519868820074.jpg-(42674 B)
    42674 B 18/03/01(木)10:47:00 No.200   [返信]
    服用1回で治療、塩野義のインフル新薬「ゾフルーザ」厚労省部会が了承 3月にも承認、今春発売も

    厚生労働省の専門部会は2日、塩野義製薬が開発を進めるインフルエンザ治療薬の新規承認ついて審議を行い、了承した。通常のスケジュールに従えば、3月に厚労省による承認が見込まれる。その後、薬価が決まり次第、塩野義は販売手続きに入り、今春にも発売される見通し。現在猛威をふるっている季節性インフルエンザに対しての効果が期待されている。
    https://www.sankeibiz.jp/econome/news/180202/ecb1802021733002-n1.htm
    18/03/01(木)10:47:56 No.201  
    塩野義が行った臨床試験では、現在主流のインフルエンザ治療薬「タミフル」に比べて抗ウイルス効果が高く、投与翌日には半数以上の患者で、感染性を持つウイルス量が減っていることが認められた。同社では「家庭内や学校、職場などでウイルスの感染拡大の抑制に一定の効果があると期待される」としている。


    1519367223715.jpg-(31361 B)
    31361 B 18/02/23(金)15:27:03 No.197   [返信]
    「史上最大」の脳腫瘍を摘出 インド男性、重さ約2キロ
    http://www.afpbb.com/articles/-/3163667
    18/02/23(金)15:32:04 No.198  
    1519367524115.jpg-(110831 B)
    110831 B
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    【記事削除】画像のみ消す
    削除PW
    [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [以下省略]

    ニュージェイネット - 健康・医療TOP
    ニュ―ジェイTOP