ニュージェイネット

ニュージェイネット - ビジネス  ルール 画像のリサイズ


おなまえ
E-mail
送  信
コメント
添付File[]
削除PW(記事の削除用パスワード。英数字で8文字以内)
  • レスに画像添付可。添付可能ファイル:GIF, JPG, PNG・・・5000 KB まで
  • リロード

    1482020942919.png-(644627 B)
    644627 B 16/12/18(日)09:29:02 No.101   [返信]
    印刷の通販サイト「Suprint(スプリント)」のDMサービス “A4透明封筒封入DM”がリニューアル!

    封入可能な印刷物の種類・点数の増加など利便性がさらに向上
    16/12/18(日)09:29:14 No.102  
    1482020954028.png-(341225 B)
    341225 B
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    1480566993966.jpg-(148175 B)
    148175 B 16/12/01(木)13:36:33 No.99   [返信]
    トランプ後・2020後の国内不動産はどうなる? 門倉貴史氏の「マンション投資特別講演」参加者募集


    株式会社産業経済新聞社(産経新聞社、本社・東京都千代田区、熊坂隆光社長)が後援する「マンション投資特別講演 日本の経済・不動産市場の中長期的展望~2017年から東京五輪後まで~」」が12月10日、大手町サンケイプラザ(東京都千代田区)で開催されます。講師はエコノミストの門倉貴史氏。定員は50人で現在、参加者を募集しています。参加無料。事前申し込み制です。申し込み、お問い合わせは、東京日商エステム(フリーダイヤル0120・317・155、平日午前10時~午後7時、またはhttp://www.tn-estem.co.jp/seminar/sankei_lp/)まで。定員になり次第締め切ります。
    16/12/01(木)13:36:44 No.100  
    2017年、トランプ・アメリカ大統領の誕生により日本経済はどうなるのか、国内不動産市場への影響はあるのか。2020年、東京五輪後の日本経済と国内不動産の展望は、などをエコノミスト・BRICs経済研究所代表の門倉貴史氏が分かりやすくお話します。「マンンション投資に興味あるが始め方がわからない」「マンション投資にはどんなメリットがあるのか」「東京五輪開催後、物件の賃料が下がらないか不安」という方にお勧めします。講演会は12月10日(土)正午開始です。門倉氏の講演後、東京日商エステムの講師による講演と無料個別相談会もあります。


    1480306251058.jpg-(457996 B)
    457996 B 16/11/28(月)13:10:51 No.98   [返信]
    アイスランド企業が「アイスランド」を使えない! 英企業の商標権、アイスランド政府がEU提訴

    アイスランド政府は26日までに、英国で800店舗以上を展開する食品スーパー「アイスランドフーズ」に対し、同社が持つ「アイスランド」の商標権を無効とし、アイスランドの企業が自国名を使用できるよう求める訴えを欧州連合(EU)知的財産庁に起こした。アイスランド外務省は、「商標権を持つアイスランドフーズは、商品やサービスが競合しない場合でも、わが国の企業が社名あるいは商標の一部に『アイスランド』を使用しないよう求め、法的措置を講じて使用差し止めを図っている」との声明を発表した。アイスランド政府は、この商標が「定義において極めて広範であいまいで、わが国の企業が商品をアイスランド製と表現できなくさせている」と判断。アイスランドフーズと協議してきたが合意に至らず、アイスランドの国民や企業を代表して提訴に踏み切った。アイスランドフーズは英西部ウェールズに本部を置き、冷凍食品の品ぞろえで定評がある。
    http://www.sankei.com/world/news/161127/wor1611270032-n1.html


    1479906436409.jpg-(24671 B)
    24671 B 16/11/23(水)22:07:16 No.95   [返信]
    喫茶店の開業方法
    ~課題をクリアするための最初の一歩記事~

    お店を開業をする場合、様々なことに気を付けなければいけません。ここでは1300文字程度にまとめて基本的なことを、ざっとおさらいしようとお思います。喫茶店の開業方法を大特集している[カフェ・コーヒー・喫茶店事典]がリニューアルにつき、特別に記事の一部を公開。

    ▼釣り合ったコンセプトと値段設定
    喫茶店は極端な例、たった数ヶ月でも開業はできます。失敗しないようにするためには半年から一年くらい時間をかけて準備をした方が良いです。
    16/11/23(水)22:08:08 No.96  
    特に失敗しないようにするにはコンセプトが必要になります。そのコンセプトと場所が合わなければいけません。 例えば24時間営業の喫茶店を作りたいと考えても人が閑散としてる場所に立てたら、光熱費及び水道代がかなりかさばってしまいます。(基本的に喫茶店はゆっくりする場所ですから、お客さんが長時間いてその分お冷も必要となると‥など色々考えられます。)

    またコンセプトの他、値段設定が釣り合うかどうか必要になります。高級な豆を使うならそれに合わせた値段設定をお店のためにしなければいけないでしょう。しかし学生を相手にした喫茶店をやるとしたら、コーヒー一杯が500円なら出しづらいことになります。(しっかりした豆を使っているとしても学生相手なら吊り合わないことになります。)
    16/11/23(水)22:10:29 No.97  
    1479906629119.jpg-(53983 B)
    53983 B
    カフェ・コーヒー・喫茶店事典
    https://www.cafeowner.net/


    1479291692841.jpg-(78121 B)
    78121 B 16/11/16(水)19:21:32 No.94   [返信]
    コンタクトレンズの「ニチコン」が民事再生申し立て

    東京商工リサーチによると、コンタクトレンズメーカーの日本コンタクトレンズ(名古屋市)が11月15日に民事再生法の適用を名古屋地裁に申請した。負債総額は約15億7000万円。眼科医だった故・水谷豊氏が1957年に創業した、国内コンタクトレンズメーカーの先駆け。「ニチコン」ブランドでコンタクトレンズやケア用品の製造・販売を展開し、96年2月期には約40億円の売上高があった。だが競合の激化や個人消費の落ち込みなどから短期交換型レンズの販売が鈍化。2016年2月期の売上高は約20億700万円に落ち込み、赤字に転落していた。借入金の返済負担などから資金繰りがひっ迫しており、今年9月には資金ショートを起こしていたという。


    【記事削除】画像のみ消す
    削除PW
    [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [以下省略]

    ニュージェイネット - ビジネスTOP
    ニュ―ジェイTOP