ニュージェイネット

ニュージェイネット - 科学  ルール 画像のリサイズ


おなまえ
E-mail
送  信
コメント
添付File[]
削除PW(記事の削除用パスワード。英数字で8文字以内)
  • レスに画像添付可。添付可能ファイル:GIF, JPG, PNG・・・10000 KB まで
  • リロード

    1474945187511.jpg-(63512 B)
    63512 B 16/09/27(火)11:59:47 No.25   [返信]
    木星の衛星「エウロパ」から水蒸気噴出か!!

    木星の氷に覆われた衛星エウロパ(Europa)の表面から水蒸気が噴出している可能性を示すさらなる証拠が、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)を用いた観測で発見された。米航空宇宙局(NASA)が26日、発表した。
    http://www.afpbb.com/articles/-/3102212?pid=18333662


    1474918954434.jpg-(130680 B)
    130680 B 16/09/27(火)04:42:34 No.23   [返信]
    全身黄色のウシガエル捕獲 専門家も「聞いたことない」
    全身が黄色で目が赤みがかったカエル
    写真は大内一夫さん提供
    16/09/27(火)04:44:42 No.24  
    全身が黄色の珍しいウシガエルを、埼玉県三郷市高州1丁目のカエル捕獲業大内一夫さん(82)が25日につかまえた。
    捕獲場所は水戸市の市街地の川。この道約70年という大内さんも「こんな色の獲物に出くわしたのは、
    過去に1~2回ぐらいしかない」と驚いている。

     体長15センチほどで、目が赤みを帯びている。ウシガエルは通常、体は暗緑色で、目は黒色。
    埼玉県立さいたま水族館(羽生市)の大平信一飼育展示係長は「色素の欠乏とみられる。
    ニホンアマガエルでは報告例があるが、ウシガエルでしかもこれほど大きく育った例は聞いたことがない」と言う。

     より詳しく調べてもらうため、大内さんは「大学の研究機関に提供したい」と話している。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000009-asahi-soci


    1474916575134.jpg-(97357 B)
    97357 B 16/09/27(火)04:02:55 No.21   [返信]
    孔雀の羽の発色を構造・素材ともに再現!
    ~構造色を基盤とする次世代インク開発に期待~

    千葉大学大学院工学研究科の桑折道済准教授と河村彩香 氏(修士課程)らの研究グループは,森本元博士(公益財団法人 山階鳥類研究所)との共同研究で,孔雀の羽の発色機構のもとになる微細構造とそれらを構築しているメラニンを,構造・素材ともに模倣し,構造色を基盤とするフォトニック材料を作製した。
    16/09/27(火)04:03:36 No.22  
    1474916616621.jpg-(162513 B)
    162513 B
    メラニンの模倣体として,ポリドーパミン(注3)を含む新たなコア-シェル型粒子(注4)を作製し利用することで,単一材料で視認性の高い構造発色を実現しました。原料となるコア粒子の粒子径とシェル層の厚みを任意に制御することで,フルカラー化が可能であることを明らかにしました。また,見る角度により色が可変な「虹色構造色」と,色が変化しない「単色構造色」を容易に作り分けることが可能となりました。構造色は色褪せせず,従来のインクにはない独特の光沢を有することから,本成果は,構造色を用いる次世代インク開発の基盤となる重要な研究成果です。


    【記事削除】画像のみ消す
    削除PW
    [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]

    ニュージェイネット - 科学TOP
    ニュ―ジェイTOP