ニュージェイネット

ニュージェイネット - 暮らしと雑貨  ルール 画像のリサイズ


おなまえ
E-mail
送  信
コメント
添付File[]
削除PW(記事の削除用パスワード。英数字で8文字以内)
  • レスに画像添付可。添付可能ファイル:GIF, JPG, PNG・・・4000 KB まで
  • リロード

    1513316341823.jpg-(118980 B)
    118980 B 17/12/15(金)14:39:01 No.169   [返信]
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    1511214398119.jpg-(251303 B)
    251303 B 17/11/21(火)06:46:38 No.168   [返信]
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    1509669893663.jpg-(153839 B)
    153839 B 17/11/03(金)09:44:53 No.167   [返信]
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    1509503543535.jpg-(147986 B)
    147986 B 17/11/01(水)11:32:23 No.166   [返信]
    キタ━━━━(*゚∇゚)━━━━ !!


    17/08/28(月)11:54:13 No.162   [返信]
    年金「繰り上げ受給」は1800万円損する
    慌てる者はもらいが少ない

    口を酸っぱくしてお伝えしたいのですが、年金の『繰り上げ受給』は、よほどのことがない限り、やってはいけない。日本人の寿命は延び続け、誰しもが長生きをする可能性が高い。そのことを前提に、老後資金のプランを考えるべきです」(ファイナンシャル・プランナーの鈴木暁子氏)

    100歳以上の日本人の人口は、昨年9月の段階で6万人超。もはやこの年齢まで生きることは珍しくなくなった。

    これまでのように人生は70代、80代までという前提に立っていては、100歳までの「最後の10年」を悲惨な状態で過ごすことになるかもしれない。
    17/08/28(月)11:56:53 No.163  
    そうならないために、「やってはいけない」ことはたくさんある。その筆頭が、年金の繰り上げ受給だ。

    '15年の厚生労働省の発表によれば、繰り上げ受給をしている人は年金受給者全体の35.6%もいる。目先の必要に迫られてやってしまいがちだが、実は大きな落とし穴がある。

    「年金の受給開始年齢は、基本的には65歳ですが、申請をすれば60歳から受け取ることもできます。

    しかしその場合、1ヵ月受給を繰り上げるごとに、受け取れる年金の月額が0.5%減っていく。60歳から受給すると、65歳から受給した場合よりも、受給月額は30%(0.5%×60ヵ月)も減ってしまいます。

    それが一生続くので、長生きをすればするほど、損をすることになるのです」(前出の鈴木氏)

    厚労省が今年1月に発表した、標準的な夫婦(夫が40年会社に勤務し、妻はその間専業主婦)の年金受給月額は、22万1277円だった。このモデルの夫婦(同い年とする)が、ともに100歳まで生きるとすると、60歳から繰り上げ受給をした場合に受け取れる年金の合計額は約7435万円。
    17/08/28(月)11:59:50 No.164  
    一方、65歳から受け取った場合は約9294万円で、その差は、実に1859万円にも上る。

    年金制度には「繰り下げ受給」もあり、1ヵ月繰り下げるごとに、受給月額は0.7%増え、限度の70歳まで5年間繰り下げると、受給月額は65歳から受け取る場合より42%も多くなる。

    やはり標準的な夫婦が繰り下げ受給をし、100歳まで生きるとすると、受給の総額は約1億1312万円。60歳から繰り上げ受給した時と比べて、3877万円も多く受給することができる。

    さらに、100歳まで生きることを前提とするなら、国民年金の「未払い部分」を放置するのもやめたほうがいい。ファイナンシャル・プランナーの横川由理氏が言う。
    17/08/28(月)12:13:44 No.165  
    「大学時代などに未払いがあり、60歳までに満額受給できる40年に達していない人は少なくありませんが、その後も未納分を払うことで、受給額を増やせます。

    支払いは月1万6490円なので負担が大きいように思えますが、加入月数が増えれば、受給の基本額が高くなるので、長生きを前提にすると、かなり受給額が増える」

    たとえば、60歳までに38年分しか国民年金の保険料を払っていない場合と、その後、残りの2年分を追加で支払った場合、100歳までにもらえる国民年金の総計は、後者のほうが約136万円多くなる(65歳で受給開始)。

    2年分の保険料は約40万円なので、支払ったほうが、100万円近くもトクをする。

    年金のもらい方にも「長期の視野」が必要だ。

    「週刊現代」2017年9月2日号より


    【記事削除】画像のみ消す
    削除PW
    最初のページ[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]

    ニュージェイネット - 暮らしと雑貨TOP
    ニュ―ジェイTOP