ニュージェイネット

ニュージェイネット - ビジネス  ルール 画像のリサイズ


おなまえ
E-mail
送  信
コメント
添付File[]
削除PW(記事の削除用パスワード。英数字で8文字以内)
  • レスに画像添付可。添付可能ファイル:GIF, JPG, PNG・・・5000 KB まで
  • リロード

    1498023541294.jpg-(66455 B)
    66455 B 17/06/21(水)14:39:01 No.153   [返信]
    東芝 半導体事業売却先、“日米韓”連合と優先交渉決定

    経営難に陥っている東芝は、半導体事業の売却先として日米の投資ファンドや韓国の半導体メーカーなどが組む「日米韓」の連合と優先的に交渉を進める方針を正式に決めました。ひとまず交渉相手を決めた東芝ですが、まだ決着が見えてきたとは言えない状況です。東芝が今後、半導体事業の売却先として優先的に交渉を進めるのは「日米韓」の連合で、政府系ファンドの「産業革新機構」とアメリカの投資ファンド、そして韓国の半導体メーカーなどが加わっています。


    1496231978108.jpg-(142374 B)
    142374 B 17/05/31(水)20:59:38 No.152   [返信]
    パナソニック本社機能を東京へ

    パナソニックは30日、投資家向け説明会を開き、今後の事業戦略を発表した。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を使う企業システムなどが主力の社内カンパニーは本社機能を今年10月に東京都に移す。車載・電子部品のカンパニーの投資額を増やし、電池事業などを拡大。消費者向け商品から企業向けに成長の軸を移す姿勢を鮮明にした。4つの社内カンパニーの責任者が説明した。本社機能の東京移転を決めた社内カンパニーは「コネクティッドソリューションズ(CNS)社」。経営トップをつとめる樋口泰行カンパニー社長(本体では専務役員)が都内で開いた説明会で、パナソニック本体が本社を置く大阪府門真市からカンパニーの本社機能を移す方針を明らかにした。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17103590Q7A530C1TJ2000/


    1495816958216.jpg-(532943 B)
    532943 B 17/05/27(土)01:42:38 No.151   [返信]
    トヨタ、ダイキンなど日本企業進出が集中するテキサスで
    日系回転寿司も大流行り


    1495772634478.jpg-(6767 B)
    6767 B 17/05/26(金)13:23:54 No.150   [返信]
    伊藤忠、ヤナセを子会社化 TOBで7月にも

    伊藤忠商事は輸入車販売最大手のヤナセを子会社化する。TOB(株式公開買い付け)を実施し、出資比率を現在の39.4%から6割程度に高める見通し。投資額は数十億円。国内の輸入車販売は比較的低価格の車種が増えて好調が続いている。伊藤忠はヤナセの海外展開など事業拡大を支援することで自動車関連事業の底上げを図る。伊藤忠は近くヤナセ株の買い付けを始める。買い付け期間は約1カ月で、7月にも子会社化したい考え


    1495093881410.jpg-(586105 B)
    586105 B 17/05/18(木)16:51:21 No.147   [返信]
    「正社員が少ない」上場企業Best50
    17/05/18(木)16:51:54 No.148  
    上場企業といえば従業員数が多い大企業というイメージがあるが、実態は必ずしもそうではない。中には数人から数十人規模の上場企業も数多く存在している。
    17/05/18(木)16:53:08 No.149  
    1位のメッツ(現・きずな)は、2015年8月までマザーズに上場していた不動産会社。上場当初はソフトウエアの開発や販売を主力にしていた会社だが、事業内容を不動産取引へと変化させ再生。正社員が少ない分の業務を多くの非正社員で賄っている会社も見受けられるが、少数精鋭で大きな利益を上げている会社もある。単純に正社員数が少ないということは企業価値とは比例しない部分はある。従業員数は一ケタの状態が続いていた。調査対象の決算期中に上場廃止になった。

    一方、正社員の増減率に着目すると、3位のランドの減少率が98.9%と目立つ。マンション開発を中心に手がける会社で、この5年で売上高、従業員数ともに大きく減少した。2011年2月期には売上高74億円、従業員数で371人の規模を誇ったが、正社員数の調査対象だった2016年2月期には売上高8億円、従業員数は4人まで減少していた。ただし、同社が強い権利関係が複雑な案件に注力した結果、直近の2017年2月期の決算では、売上高は43億円、営業利益が8億円台にV字回復。継続疑義の注記も解消した。

    http://toyokeizai.net/articles/-/172205


    【記事削除】画像のみ消す
    削除PW
    [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [以下省略]

    ニュージェイネット - ビジネスTOP
    ニュ―ジェイTOP